アウトドア&自然派へ!北海道の大自然を満喫できるオススメスポット

世界遺産に登録された知床

北海道とは、全体的に見て札幌を中心に青森から近い西側地域の開開発が猛スピードで進んでいます。一方で、道東は札幌近辺と比べると開発が進んでおらず、手つかずの自然が残っている地域が多く存在します。そして、自然豊かなエリアの代表格であるのが、2005年に世界遺産に登録された知床(知床半島)エリアです。この地域は「日本最後の秘境」というように称されていて、森林浴など様々な事を楽しむことが出来ます。また、様々な野生動物と出会えるのも特徴で、エゾシカ・キタキツネ・エゾリスなどを森の中で見られる可能性があるほか、海ではシャチ・湖では白鳥などを近くで見られる可能性もあります。ただし、ヒグマの生息地としても有名なため熊には気を付けなくてはなりません。

オホーツク海での流氷体験

北海道の北部からロシアにかけて広がるオホーツク海では、冬季に北海道でしか見られない流氷を間近で見ることが出来ます。具体的には網走市や紋別市から出航しているクルーズ船に乗って、流氷を砕きながら船は進んでいき、運が良ければ流氷の上で休むアザラシやオオワシといった動物・鳥を間近で見られる可能性があります。また、気象条件なとで船が運悪く欠航になったとしても、流氷が観光資源となっている網走市内には様々な流氷関連の観光スポットが存在します。その中でも、市内にある流氷関連の博物館の人気は高く、大画面プロジェクションマッピングにて流氷が見える景色を仮想体験することが出来るほか、巨大な水槽の中で泳ぐ流氷の天使・クリオネも間近で鑑賞することが可能です。

函館旅行へ行く際には、食い倒れがおすすめです。地元にしかないハンバーガーチェーンやコンビニの弁当、休まず営業し続ける食堂など海産物以外でも楽しむ事ができます。